【辛口レビュー】ストッケ製トリップトラップチェアとベビーセット&トレイを使ってみてわかったメリットやデメリットは?みんなの口コミも紹介します!

【辛口レビュー】ストッケ製トリップトラップチェアとベビーセット&トレイを使ってみてわかったメリットやデメリットは?みんなの口コミも紹介します!
悩んでいるママ

ストッケのハイチェアって使い心地はどうなんだろう?
使ってみた人の正直な意見が聞きたいな。

子供用のベビーチェアやハイチェアを探している方であれば、ストッケトリップトラップを聞いたことがあるのではないでしょうか。

最近では、CMなどでも目にする事が増えました。

子供用のハイチェアは一度購入すると、価格や大きさゆえ買い替えが大変なので購入に失敗したくない商品ですよね。

この記事では、Stokke製のトリップトラップチェアを実際に購入し使ってみた私たち夫婦が徹底的にレビューをしていきます。

辛口評価としているのは、これから購入を検討されている方に良い点悪い点をしっかりと把握していただきたいからです。

記事後半では、アタッチメントの「ベビーセット&トレイ」のレビューや転落防止方法も紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

あっちゃんママ

私たち風が実際に使って見て感じた事を正直にレビューしていきます!

スポンサーリンク

目次

ストッケ製トリップトラップチェアについて

Stokke公式ストア
製品寸法 (CM/IN)49 x 46 x 78 / 19.3 x 18.1 x 30.7
重量 (KG/LBS)6.471 / 14.3
対象年齢36 (ヶ月)
耐荷重 (KG/LBS)まで 136 / 300
保証延長サービス7 (年)
デザインPeter Opsvik
Stokke公式ストアHP

Stokke(ストッケ)は1932年北欧ノルウェーでジョージ・ストッケにより誕生した、ベビー・キッズ家具やアクセサリーのブランドです

トリップトラップは、高さを調整できるハイチェアとしてノルウェーで最も売れているハイチェアなんだそうです。

木製のハイチェアなので重量はずっしりしていて、子供が座っていても簡単には倒れません。

対象年齢が36ヶ月となっていますが、ホームページでは「生まれてすぐから大人まで使える」との記載があります。

乳幼児用のニューボーンセットやベビーセットなどのアタッチメントも販売されているので、おすわりができるようになった赤ちゃんでも使うことができますし、耐荷重136kgとなっているのでほとんどの大人の方も利用できそうです。

延長保証の対象となっているのは、トリップトラップの木製部分とニューボンセットのみになります。

ニューボーンセットは生まれてすぐの赤ちゃんでも、トリップトラップを利用できるようにするためのアクセサリー商品です。

2003年5以降に製造されたトリップトラップに装着が可能で、新生児から9kg程度まで利用できます。

あっちゃんママ

延長保証があるから安心して使えますね!

トリップトラップ ベビーセットについて

Stokke公式ストア

ベビーセットは、ひとりでおすわりができるようになる時期に使用する方向けのアクセサリーです。

およそ6ヶ月ごろからの利用が想定されていて、背もたれとレール、延長グライダーが同梱されています。

延長グライダーはトリップトラップの転倒を防止するためのアクセサリーで、チェアの後ろ足にスライドで装着する仕組みになっています。

トリップトラップチェアのメリット

長く使える

トリップトラップの最大のメリットは、「長く使える事です

上にも書きましたが、生まれた直後から大人まで何十年も使い続ける事が出来ます。

長く使える理由は、チェアの高さが調整できるから

トリップトラップは高さと奥行きを細かく調整することができるように設計されています。

子供の成長に合わせてその都度調整できるので、チェアの買い替えが必要なくなり長く使う事が出来ます。

また、木製チェアなので経年変化を楽しめることもひとつのメリットだと感じます。

新品の状態で大きな傷をつけてしまったら始めはとても悲しいものです。

しかし、1年2年と使っていくうちにその傷を見るたびに「そういえばあの頃は大変だったなぁ」とか「こんな事もあったなぁ」など子供の成長を感じることができるでしょう。

「今しか出来ない経験を過去に残す事」と「ハイチェアを長い期間使うという事」はとても相性が良いですね。

あっちゃんママ

モノを大切に使うという教育面でも良い製品ですね

汚れを拭き取りやすい

ネットで「トリップトラップ レビュー」などで検索するとたくさんのレビュー記事が見つかりますが「汚れが目立つ」ということでデメリットとして評価している方も多く見られました。

しかし私にとっては「汚れが目立つ」という事はメリットとして感じました。

なぜなら、「汚れが目立つ=汚れを見つけられる」から。

汚れの場所がわからないとハイチェアを綺麗に掃除することが出来ず、不衛生なままで使用し続けてしまうことになります。

使用する前にも、ホコリがあれば除菌シートやウェットシートなどで簡単に拭き取る事ができますし、ご飯粒なんかも簡単に見つけることができるので清潔に保つという点ではとてもメリットです。

汚れがついてから時間が経つとこびりついて拭き取ってもなかなか汚れが落ちないことがあるので、汚れを見つけたらすぐに綺麗に拭き取っておきましょう。

あっちゃんママ

アルコールシートで拭いても全然色落ちしていません。

名前入れサービスがある

購入したトリップトラップに名前を印字するサービスがあります。

+¥3,300円の有料サービスにはなりますが、ぜひ検討して頂きたいサービスです。

名前をいれるだけで、子供は自分だけの椅子があると嬉しくなり愛着がわくものです。

我が家の長男も「ご飯食べるよ〜」と声をかけるとトリップトラップを指差して「早く座らせて〜!」と1人でよじ登り始めるくらい気に入っています。

カラーバリエーションが豊富

さすが北欧ブランドというだけあり、カラーバリエーションがとても豊富です。

子供達って本当にカラフルなものが好きですよね。

わくわくするようなカラーばかりで、どれを選ぼうか本当に脳んでしまいます。

「ソフトミント」や「モスグリーン」など可愛い色合いのものにしようとも考えましたが、中学生・高校生となってお友達が来た時でも恥ずかしくならないように「ナチュラル」を選びました。

子供の将来を考えながら選べる家具は本当に少ないので貴重な体験です。

あっちゃんママ

お部屋の雰囲気にあわせて選べるのも嬉しいですね

アタッチメントのフィット感は抜群

離乳食が始まり、きちんと座った状態で食べさせてあげたいと重い、アタッチメントの「ベビーセット」と「トレイ」を合わせて購入しました。

アタッチメントは専用だけあってびっくりするくらいのフィット感がありました。

とくにトレイは、ベビーセットのレールにしっかりとフィットします。

取り付けた後もグラグラ動いたりすることはなくとても安定しています

子供がトレイをバンバン叩いてもまったく動かないので素晴らしいアタッチメントです。

あっちゃんママ

トレイの汚れも拭き取りで簡単に落とせます。油汚れなどがひどい時はトレイごと洗剤で洗っていますが、劣化などはまったくありません。

トリップトラップチェアのデメリット

価格が高い

トリップトラップ本体¥31,900円(税込)
ビューボーンセット¥10,890円(税込)
ベビーセット¥8,800円(税込)
トレイ¥6,710円(税込)
ハーネス¥5,500円(税込)
Stokkeストア

一般的な日本製のハイチェアと比べると価格は高価です。

本体に限らず、アタッチメントに関しても同様に高い印象ですね。

価格面で購入を検討するポイントは、以下のものが考えられました。

  • デザイン・カラーバリエーションが他製品にないレベルで良い
  • 延長保証が含まれた価格である
  • 赤ちゃんから大人まで成長に合わせて使える

これらのポイントを重視する方であれば、価格は適正なものだと感じます。

重量が重い

トリップトラップの重量は約6.5kgです、アタッチメントを装着するともう少し重くなります。

「ハイチェアは重くても、別に動かさないし大丈夫!」と思っているあなた。

私たちもそのつもりでしたが、絶対に移動するようになります。

理由は「子供が登って危険だから」です。

目を離した際に子供が登ってしまうと転落の危険があるため、食事の時以外はベビー柵の外に置いています。

トリップトラップを持ち上げて70cmくらいのベビー柵を乗り越えるのは、本当にひと苦労なんです。

他にも、子供の遊ぶスペースが狭くなってしまうことや、走り回ってぶつかる危険性もあったのも理由の1つですね。

持ち運びといえば、購入したお店から自宅までの移動も考えておかないといけませんね。

梱包時は7kgとのことなのでなかなかのものです。

お住まいが2階以上でエレベーターが利用できない方は、通販での購入がオススメです。

あっちゃんママ

ご飯やおやつをあげるたびに準備するのは結構大変なんです

ダイニングテーブルの高さと合わない

購入を検討されている方に、一番注意してほしい点です。

日本製のダイニングテーブルは日本人の平均体型に合わせて約70cm〜72cmの高さで作られるのが一般的です。

一方、トリップトラップのFAQページでは、「トリップトラップは高さ72cm〜76cmのテーブルに合わせてデザインされています」との記載があります。

つまり、ダイニングテーブルの高さよりチェアの高さが高いということです。

ご飯をあげる際の目線の高さが大人と子供で違ったり、ダイニングテーブル下に収納できないなどのデメリットが出てきます。

ノルウェーでデザインされている製品である以上、北欧の方の体型に合わせて作られているため仕方ありません。

私たちの自宅では、イタリア製のダイニングテーブルを使用していたのでテーブルの高さとチェアの高さが合わないということはありませんでした。

子供が生まれると、大きな部屋へ引っ越したり、家を建てたりと生活環境が変化する方も多いでしょう。

トリップトラップを購入するタイミングで、ダイニングテーブルも合わせて検討するという選択肢も大いにありですね。

子供が立ち上がって危険

トリップトラップを使用して一番困った事が、「子供がチェアに立ち上がって危険」という点でした。

トリップトラップの特徴として、きちんとした綺麗な座る姿勢を保つために足板を設置しています。

ベビーセットを装着していても足板に立ち上がってしまい転落する可能性がありました。

特に、ひとりでごはんをあげたりする場合に急に立ち上がったりすると本当に危険です。

専用アクセサリーとしてハーネスの販売もありましたが、価格が高かったこともあり、ハーネスすることにしました。

▼購入したハーネスがコチラ

これが効果抜群でした!

装着すると椅子と体をしっかり固定出来るので立ち上がっても、ベビーセットから足が抜ける事がなくなり安心してご飯をあげる事が出来るようになりました

初めの頃はハーネスをつけるのを嫌がっていた息子ですが、使っているうちに慣れてきたのかご飯の時間になると自分でハーネスを持ってくるようになりました(笑)

出来るだけ安全に使用したいという方にはオススメです

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピングで探す

高さの調整が面倒

トリップトラップのメリットのひとつとして、子供から大人まで長く使えるという点がありました。

そのためには、チェアの高さを成長にあわせて調整していく必要がありますが、この調整が非常に大変です。

座面と足を乗せる足板は、両サイドの骨組みを固定しているネジを緩めてから行わなければなりません。

ネジの数が多い上に、六角穴のボルトのため一般的なプラスドライバーやマイナスドライバーではネジを緩める事ができません。

自宅に汎用の六角穴用レンチをお持ちでない方は、付属しているレンチを無くさないように保管しておきましょう。

一方で、「ネジ穴がつぶれにくい」や「しっかりと固定できる」など六角穴のメリットもあるので一概にデメリットとはいえませんね。

いくら調整が大変でも成長に合わせて調整をしていかなければいけません。

しかし、それほど頻繁に調整する必要はありません。

頻度としては、大体1年に1回調整が必要になるかどうかくらいですので、そこまで大変な作業でもありませんね。

あっちゃんパパ

組み立てはパパが1人でやりましたが、難しくもなく時間もそれほどかかりませんでした。

トリップトラップの口コミや評判は?

Twitterでトリップトラップを実際に使っている方たちの口コミを集めてみました!

人気商品だけあり、口コミはとてもたくさん見つかりました。

「20年以上使っています」などのコメントもあって、超ロングセラー商品なんですね。

まとめ

トリップトラップのメリット
  • 長く使える
  • 汚れを拭き取りやすい
  • 名前入れサービスがある
  • カラーバリエーションが豊富
  • アタッチメントのフィット感が抜群
トリップトラップのデメリット
  • 価格が高い
  • 重量が重い
  • ダイニングテーブルと高さが合わない
  • 子供が立ち上がって危険
  • 高さの調整が面倒
トリップトラップはこんな人にオススメ
  • 将来的に椅子の買い替えをしたくない人
  • 愛着をもてるチェアがほしい人
  • デザイン・カラーが好みな人
  • 価格以上の価値を見出せる人
  • 転落対策ができる人
  • 体の成長にあわせて調整していける人

終わりに

この記事では、ストッケ製トリップトラップとそのアタッチメントベビーセットとトレイについてレビューをしてきました。

商品の詳細やメリット・デメリットをしっかり把握していれば購入後に「こんなはずじゃなかったのに…」と後悔することも少なくなります。

私たちの生活環境では、「トリップトラップを購入して本当に良かったな」と感じています。

安価な製品では無いのでよく比較検討して購入される事をオススメします。

この記事が、少しでも皆さんのお役にたてれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次